MENU

酵素ドリンクとスムージーが違う3つのポイント

最近は、酵素ドリンクが人気ですが、もうひとつ人気のあるドリンクとしてスムージーがあります。
酵素ドリンクが、酵素の原液を水などに溶かして飲むのに対して、スムージーは、野菜や果物をジューサーに入れてドリンクにしています。
酵素ドリンクもスムージーも体に良いのですが、どのように違うのか分からない、という方も多いと思います。
そこで、酵素ドリンクとスムージーを詳しく比較してみましょう^^

 

◆酵素ドリンクとスムージーの酵素の違い

 

@両方とも酵素が含まれています
A作りたてのスムージーは、野菜や果物の酵素を効率的に取り込めますが、時間が経って酸化してしまうと効果が半減します
B酵素ドリンクは、さまざまな食材を発酵させてできた酵素を濃縮しています

 

同じ酵素でも、フレッシュな酵素と発酵させた酵素という違いがあるのですね。
どちらも酵素をとることができますが、酵素ドリンクの方が、発酵しているため、善玉菌など体に良い成分も多く含まれていて、手軽にたくさんの酵素や栄養分を取りたい時に便利です。

 

◆簡単便利なスムージー商品も登場!

 

スムージーは自宅で作れますが、材料を揃えたり、作ったり、後片付けをしたりと、手間がかかるのが難点です。
でも、最近は、スムージーと言っても粉末状の商品も売り出されていて、以前より手軽に飲めるようになりました。
水に溶かして飲むだけなので簡単便利ですし、酵素もとれるので続けやすい商品です。

 

■酵素の取り込みにはバランスを考えて

 

酵素ドリンクもスムージーも酵素が含まれているので、ライフスタイルに合わせてバランスよくとりたいですね♪
また、購入する時は、なるべく添加物が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。