MENU

とにかく、とろみがあってお腹の持ちが良いと評判を集めているグリーンベリースムージーについてご紹介していきましょう。とろみが他社製品より圧倒的にあるので、お腹にたまる感覚が全く違います!

最大の武器はとろみ!

 

グリーンベリースムージーの最大の魅力といえば、ジュースというよりもヨーグルトに近いどろっとした感覚に近い液体ということです。
とにかく飲んだ後の満腹感が他社のスムージーと段違いです。

 

それほど、とろみを生んでいるのは、なぜかというと液体の中に出来るだけ食物繊維を配合し、果汁濃度を凝縮させたということが挙げられます。これによって一気に腹持ちの良いスムージーに仕上がりました。

 

 

腹持ちの良さは随一!

 

そしてとろみだけでなく、腹持ちの良い成分を多く配合しているのも特徴です。
その代表的な存在がグルコマンナンとサイリウム!

 

ともに水溶性の成分で水分を吸収するとグルコマンナンが17倍、サイリュームが30倍にもふくれあがるという満腹中枢を刺激するには、もってこいの成分が含まれています。
これなら、話題の置き換えダイエットにも十分対応できるといえるでしょう。

 

さすがに3食の置き換えは控えた方が良いですが、これなら朝、時間がないという方でも、朝食時にこのグリーングリーンスムージーを飲んで、会社や学校に出かけるということも手軽に取り入れることができるでしょう。

 

 

1回でたったの78カロリー!

 

置き換えダイエットはさすがに辛くて耐えられないという方は、食前に一杯飲むだけでも十分に食事制限をすることが可能です。
お腹が膨れる効果がありますので、一食当たりの平均カロリーを大幅に下回る食事をとることができるでしょう。

 

成人の1日の平均摂取カロリーは2000程度といわれています。朝食や夕食は600カロリー程度で、夜に800カロリー程度というのが多いかと思います。

 

それを例えば夜、どうしても食事をとることは辞めたくないという方は、このグリーングリーンスムージーを食前に飲みましょう。
そしてその後、軽く蕎麦などを食べた場合でも酵素スムージーと蕎麦を合わせても400カロリーに届かない程度で済みます!

 

夜のカロリー摂取の平均値を大幅に減らすことができるでしょう。
このように食事制限に上手く取り入れることでグリーンベリースムージーでダイエット効果が期待できます。
ご飯を食べながらも食事制限が出来るということで、極端なダイエットプランを立てる必要がないので無理なく始めることができるでしょう。